読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1995年から変わらずに光るもの

今構えている品川のオフィスには、スポーツ系企業が数社入っている。

その中にいる2名のCEOと弊社CTO、そして私における何気ない会話の中に、1995年という言葉が共通して出てきており、深く感銘を覚えたのでここに書いている。

私以外のメンバーは全員40代であり、1995年つまり約20年前に出会ったもの。それが

インターネット

である。

口々に語る衝撃。

「モザイクを触った瞬間、戦争が無くなると思った」
ネットスケープとの出会いが、常識の全てを変えた」
「見た瞬間、起業をしシリコンバレーに飛んだ」

彼らは全員が、インターネットに魅せられ、可能性を無限大に感じ、業界に飛び込み、大なり小なり成功を掴んだ。

念のため説明しておくと、モザイクやネットスケープは、インターネットエクスプローラーの前から存在していたブラウザであり、今はもうサービスを終了している。

本では無数にこの話を読むのだが、やはりその時期にインターネットに触れ、当時を思い出して衝撃を語られると、聞いているだけでも滾(たぎ)る。

そんなメンバーが言う。

「インターネットができてから、20年。便利にはなったが、仕組みとしては変わっておらず革命と言えるものはおきていない」

そして、各々が次に来るであろう未来を矢継ぎ早に紡ぎ出す。最高に楽しいやりとりだ。

ワクワクする世界は、飛び込み創るもの。

そんなことを感じる瞬間だった。