読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

急遽の誘いに、いかにノルか。

こんにちは。

とろけそうな日ですね。

センチメンタル・バスの時期だよね。

 

さて、こんなことあると思います。

上司でも先輩でも尊敬する人でも恋人でも友達でもいいんですが

 

敬意を表する or 慕われたい人からの急遽の誘い。

 

ちなみに、あんまり行きたくない人・会いたくない人は今回除外です。

微妙な上司・関係を悪くしたくないけど嫌いな同僚。は除外。

 

急遽の誘い。って具体的には?となるので、、、

そうだな、今回は「今から行こう、今日夜行こう」までくらいとします。

 

今から行こう

 

「今から行こう」は非常に心の距離が近い人間からの誘いが多く、OKを出すと相手が非常に喜ぶことが多い。そして、相手に対しフットワークが軽い!という印象を与えることができます。

 

ということで、ここは空いていたら絶対に行くことをオススメします。

私も大企業にいた頃よりベンチャーを立ち上げ、この重要性を学びました。

・めんどくさい

・せっかくの寝れる時間が…

・空いているから残務をこなしたい

・腰が痛い

・マッサージに行こうとしていた

等、様々な理由は作れますが、誘いは毎日あるわけでなく「大事な一回」なのだと思っています。

 

今日夜行こう

 

「今」よりはハードルが下がりますが、サラリーマンの場合は特に作業が終わらないことも多いかと思います。当日に作業をやることを決めている場合急遽誘われると、

・いやーーこの作業は終わらせたい

・さすがに今日夜は休みたい

等々、どちらかというと「夜に人と会う」という覚悟ができないため言い訳を考えて断る人が多いです。(夜の予定が別件である場合は断るのは当然やむなし)

 

ただ、「今日行こう」も心の距離が近い or 近づけたい人が多いため是非行くことをお勧めします。行く人が少ない故、得をすることも多いと思っています。

 

ちなみに、「今日行こう・明日行こう」の誘いは2回断られると、誘いたくなくなるのが周り10人にいた統計の平均でした。

 

ということで、意外と身勝手に見える誘いほど行くと意味があったりするので、

頑張って行ってみよう!